事務所の特徴

私の事務所は税理士1名、職員1名の小さな税理士事務所です。

小さな事務所ですのでできることは限られていますが、逆に大きな事務所のよう

に効率化を最優先するようなことはありませんし、担当者の能力によりサービス

の質が変わるようなこともありません。

また、2人しかいない事務所ですので担当者が頻繁に変わることはありませんし

(変えようがないのですが・・)、お伺いから決算まで1人の担当者が責任を持

って仕事をいたします。

 

税理士とのかかわりはひょっとしたら一生の付き合いになるかもしれません。

私の事務所でも30年近くお付き合いいただいているお客さまが何件かいらっ

しゃいます。

そういうお付き合い(仕事)ができることが私にとっての喜びであり自慢でもあ

ります。

常に「明るく」そして「親切」に、お客様とかかわっていきたいと考えています。 

安心してお任せください。

お客様に合わせた役割の提案

最近は効率性を求めた税理士事務所が増えつつあるような気がします。

「自計化」という、顧問先自身で会計データ等の入力をしていただき、会計事務

所が定期的に巡回監査を行い、内容を確認するというものです。

自分の会社のことを知るために、自計化は一番いい方法です。

そういう意味で、私の事務所も自計化は進めていますが、どうしても自計化でき

ない顧問先もあります。

すべての人がパソコンを扱えるわけではありませんし、ましてやそのために事務

の方を雇う、あるいは高額なシステムを導入するのでは本末転倒な話。

逆に自計化が難しいという会社でしたら、「中小、零細を問わず、どういうレベ

ルであっても対応できる」というのが、私の事務所です。

当事務所では自計化できないお客様などのお役に立てるよう「記帳代行」も通常

業務としております。

当事務所の職員について

当事務所の職員はすでに税理士レベルにあり、1,2年の内に税理士になります

ので、「聞かれても何も答えられない」という人間がお伺いすることはありませ

ん。

税法も「法人税」「消費税」はすでに合格済みですので、ある意味税理士より税

務に精通しております。

また、パソコン、インターネット関係は得意分野で、現在顧問先のネットショッ

ピングサイトなども立ち上げております。

プラスアルファでお役に立てることもあるかと思います。

苦手なこと

普通は得意なことを書き連ねると思うのですが・・

苦手なことをいくつか書いておくべきだと思います。

・・・決して「できない」ということではありません。

 

私の事務所のお客様(法人)ですが、売上は数百万円から30億円くらいです。

所謂、零細、中小企業のお客様です。

ですから売上高が100億円、200億円というお客様にとってはあまりお役に立

てないかもしれません。

また、「将来上場する」というお客様にとっても、私自身経験がありませんので

やはりお役に立てないと思います。

同じように「医師・歯科医師」も未経験です。

その他、相続、事業承継は苦手です。

 

特別な目的などがありましたら事前にご相談ください。

私自身が適任でないと判断しましたら、正直にその旨をお伝えいたします。

お役に立てるかどうかは私自身が一番よくわかると思いますので。

ただし、「経験させてやる」と仰っていただけるのなら、喜んで経験させていた

だきます。